リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« メキシコ牛のサーロインステーキ | トップページ | ~No3~ 6日(土) モンブラン4810.9m(イタリアではモンテ・ビアンゴ) コーニュ »

2013年7月22日 (月)

~No2~ 5日(金) モンテ・チェルビーノ(マッターホルン)

5時前に起床。
ホテルを出て朝食までの間、高原を散歩。

Img_0064


アルプスの山々が綺麗だ。空気も美味しい!

朝食後はゴンドラで下界の麓へ。前日バスで50分ちかくかかったので、15分のゴンドラで降りることに。切符の購入はOSI氏。AKAさんが大きなこの高原で見える山々の大きなパノラマ写真と地図を手に入れてくれた。
快適なゴンドラで下界へ。バスは降りるのに1時間以上かかったとのこと。

Img_9027

これから今日のメイン、55キロ先のモンテ・チェルビーノのチェルビニアへ出発。
天気は快晴。

途中のラゴ・ブルー(青の湖)により、逆さマッターホルンならぬ、逆さモンテ・チェルビーノを望みました。
綺麗でした。

Img_9055

キンポウゲ、チシマフウロウやカラマツソウが咲いていて花も綺麗o(^▽^)o

Img_9082

チェルビニア(2050m)からはロープウエイでマッターホルンやブライトホルンの山々を眺めながらプラトー・ローザ展望台(3450m)へ。

Img_9086


Img_9108

イタリア側のせいか、日本人の観光客にはあわない。
展望台にはイタリアとスイスの国境がある。 

Img_0080

モンテ・チェルビーノやブライドホルン等のアルプスの眺めは雄大だ。
感動!

Img_9095


ロープウエイを使ってプラン・メゾン(2547m)中間駅へ。
モンテ・チェルビーノを眺めながらレストランのテラスで昼食。

Img_0111

殆どの人はロープウエイで下山していたが、ここからチェルビニア(2050m)までハイキング。

Img_9137

雄大なアルプスの山々を眺め、下山することに埋め尽くす高山植物の位相が変わり素晴らしい。

Img_9148

白・紫・黄色のオキナグサの群落が過ぎると、チングルマやアルプススミレの群生といった具合だ。
写真ではその素晴らしさが撮れない。

Img_9146

Img_9152


私にとって至福の2時間半のハイキングでした。


ホテルに戻り、遅い夕食とこの日が誕生日のメンバーのバースデーケーキのプレゼント。
素晴らしい二日目でした。
就寝は0時過ぎでした。


« メキシコ牛のサーロインステーキ | トップページ | ~No3~ 6日(土) モンブラン4810.9m(イタリアではモンテ・ビアンゴ) コーニュ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お天気に恵まれて素晴らしい旅ですね。
チェルビニアの町も小奇麗なベースタウンで山肌は去年よりも雪が多いのでしょうか。
ロープウェィを乗り継ぎプラトー・ローザの展望台に立つとそこからは白銀のゲレンデ。
春浅い頃ならそこからスイスのツェルマットまでノンストップの直滑降。

紺碧の空のもとで、チェルビーノをバックにお腹を満たし、2時間半のハイキングは
花三昧で、足の心配よりも時間よ止まれの心境だったのではないでしょうか。

優雅な旅で羨ましい限りです。

この透明感はなんと素晴らしいのでしょう!憧れのアルプス劇場、開幕ですね。若いころから憧れたガストン・レビュファ『星と嵐』にでてくるような景色ですね。この景色を見れたら死んでもいいと思っている逆さマッターホルン、やっぱしええですね。またアルプス独特の針峰群、精通したもののみがたちいることのできる山容、これも美しい。

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メキシコ牛のサーロインステーキ | トップページ | ~No3~ 6日(土) モンブラン4810.9m(イタリアではモンテ・ビアンゴ) コーニュ »