リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« ~No2~ 5日(金) モンテ・チェルビーノ(マッターホルン) | トップページ | ~No4~ 7日(日) コーニュとモンテ山2300mハイキング »

2013年7月23日 (火)

~No3~ 6日(土) モンブラン4810.9m(イタリアではモンテ・ビアンゴ) コーニュ

荷物を総てバスに詰め込む。
この日もゴンドラでアオスタへ。
バスで国境を越え、58キロ先のフランスのシャモニーへ。
シャモニー1035mはフランスらしい小奇麗な街だ。

Img_0123


昨日のチェルビニアと違って、ロープウエイ乗り場は数社の日本人ツアーとヨーロッパの観光客で大混雑。
土曜日ということもあるのか?


Img_9195

プラン・ド・レギュー2317mでロープウエイを乗り継ぐ。

Img_9202

Img_9187

Img_9181

エギーユ・デュ・ミディ展望台3842m地点へ。
展望台も大混雑だ。

Img_9173

モンブランは標高4810m。
フランスとイタリアの 国境に聳えるアルプスの最高峰である。
素晴らしい山だ。


Img_9175


雪道を登ってくる登山客の列を見ていると胸が騒ぐ。
登山してきた人は4000mの山なりの装備をしていて万点でした。

初めは何ともなかったが、暫く展望台で景色を楽しんでいたら、バス酔いしたような感じになり気持ちが悪くなる。
軽い高山病にかかったようだ。初めての体験だ。
ロープウエイで3777mも短時間で上がったのだから、かかっても仕方がない。
暫くおとなしくしていたら回復した。

ロープウェイを乗り継いでシャモニーへ戻り、レストランを探して14時に昼食。
ラザニアが美味しかった。


Img_9214

Img_9223

シャモニーの街を散策。

Img_9224


Img_0149la

ケーキ屋でモンブランを!
日本のモンブランとは違っていて、今まで見てきた雪をかぶったモンブランそのものの形をしていました。
中はマロンのクリームでした。
私好みのケーキでした。
ちなみに、日本のモンブランのような形をしたケーキもシェアーして食べたが好みではなかった。


Img_9221

シャモニーの街は観光客で溢れていた。
街外れの教会で結婚式が行われていた。
教会の前で記念写真をとっている参列者は満面の(´∀`*)。
新郎新婦の笑顔が特に素晴らしかった。

Img_9226

シャモニーの街から見るモンブランとメール・ド・グラース氷河にお別れだ。

17時過ぎに、バスで次の宿泊地コーニュ(ヴァッレ・ダオスタ州)へ。
1600mの高地にある小さな綺麗な街だ。


Img_0157

Hotel Miramonti Cogne(☆☆☆☆)で2泊。


ホテルに到着後、地下のサウナ・ミストサウナ・ジャクジー・プールへ。
勿論、水着を着て。
幸せな一時を過ごす。
水着を持ってこなかった人の気持ちが解らない(OSI氏は親切にも水着の持参を案内書に記していたのに・・・・・)
外人さんはアベックばっかりでした。

夕食は20時過ぎに、この街ただ一人の日本人シェフの店へ。
洒落た美味しいレストランでした。

Img_0164

街では観光客に地元の人達の合唱のサービスが・・・・・!


モンテ・チェルビーノとモンブランの素晴らしさで、たった3日間でこの旅行の目的が達成された気持ちになってしまいました。
それだけ幸せな時間だったということです。

« ~No2~ 5日(金) モンテ・チェルビーノ(マッターホルン) | トップページ | ~No4~ 7日(日) コーニュとモンテ山2300mハイキング »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

期待通り、否、期待以上の写真の数々!
素晴らしいの一言で~~すね。
山旅の良しあしはお天気次第。
二日間のアルプスの充足感が伝わってきます。
次のブログ(ドロミティ山群)がますます楽しみになってきました。

メタボッコリさん

コメント有難うございます。

14日間の北イタリア(マッターホルン・モンブラン・ドロミテ・ミラノ)の旅で、西ドロミテのボッツアノから東ドロミテのコルティナ・ダンペッツィオの移動のバスの中が雨であった以外は天気に恵まれました。
これで、雨男を返上して晴れ男に再生したかな(笑)

シャモニ針峰群、まさしく絶景ですね! 極めた岳人にのみ許された世界だ。 モンブランは、大昔どっちに行こうかと天秤にかけた選ばなかったほうの山です。ガイドがつけば技術の未熟な我々にも登れる山でした。想像とおり素晴らしい山ですね。トレースに点在する岳人がグーでんな。

lone wolfさん
モンテ チェルビーノに比べ登りやすい感じですが、積雪が凄い!眺めているだけでもアタックしている気持ちにしてくれる山でした(*^_^*)
展望台からロープウェイで殆どの登山者は下山していました。
3800mから1000m雪道を登るのは大変でしょうね~!!
貴君なら登れたと思いますよ(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ~No2~ 5日(金) モンテ・チェルビーノ(マッターホルン) | トップページ | ~No4~ 7日(日) コーニュとモンテ山2300mハイキング »