リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« ~No4~ 7日(日) コーニュとモンテ山2300mハイキング | トップページ | ~No6~ 9日(火) 西ドロミテ“アルペ・ディ・シウジ”ハイキング とアイスマン »

2013年7月25日 (木)

~No5~ 8日(月) コーニュ・アオスタ旧市街観光から470km先のボルツァーノへ

素晴らしかったリゾート地のコーニュと別れアオスタへ。

アオスタ旧市街を散策。

Img_9260

初代ローマ皇帝アウグスツゥスによって造られた町で、その歴史は古く紀元前3,000年からとも。
「アルプスのローマ」と呼ばれるほど重厚な遺跡が残っていた。

Img_9270


Img_9258 Img_9280

Img_9284 Img_9282

アウグスツゥスの凱旋門、 城壁やら劇場跡、ドーモ等が素晴らしい。
旧都市を短い時間ではあったが十分に楽しめた。


高速道を使って東へ。
イタリアの高速道路は片側3車線で快適だ。
途中のサービスエリアで昼食。

Img_0226

途中で高速道路を降りて、 一大観光地であるガルダ湖畔のシルミォーネに寄る。
ドイツ人の観光客が大勢だ。


Img_0242


16時になっていたが、空が明るいのでお昼のよう。
仲間がチャイナと声をかけられ、不機嫌にジャパニーズと応える。
娘の話だと、中国人にジャパニーズと聞くと猛烈に反発する。韓国人も同じ。日本人は穏やかにジャパニーズと応える。現地の人は「中国⇒韓国⇒日本」と順に尋ねて摩擦を避けるとのこと⇔この話は面白い(日本人は日本人としてのプライドが欠如しているせい?)


高速に再びのり、19時頃西ドロミテのボルツアーノに到着。
Hotel  Scala Stiegl(☆☆☆☆)に2泊です。

この日の夕食は21時から町のレストランで。
街に着いてから、希望を聞いて夕飯のレストランを手配してくれるAKAさんは臨機応変に対応出来るプロ中のプロだ。彼女がいたので、どんなに遅くなっても食事の心配はしないで済んだ。感心し敬服した!

Img_0249


Img_0250


Img_0251


Img_0252


明日は、物凄く楽しみにしていたアルペ・ディ・シウジのハイキングだ。
そしてアイスマンにも会える。


« ~No4~ 7日(日) コーニュとモンテ山2300mハイキング | トップページ | ~No6~ 9日(火) 西ドロミテ“アルペ・ディ・シウジ”ハイキング とアイスマン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いよいよ憧れのドロミテ山群突入ですね。果たしてどんな景色が待っていることでしょう!ドロミテ、山好きにはたまらないところである。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ~No4~ 7日(日) コーニュとモンテ山2300mハイキング | トップページ | ~No6~ 9日(火) 西ドロミテ“アルペ・ディ・シウジ”ハイキング とアイスマン »