リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« さんま缶の柳川風 | トップページ | 豚こまと厚揚げの中華風炒め »

2014年6月 4日 (水)

小涌園、岡田美術館、御殿場プレミアムアウトレット、たから亭(御殿場)

昨日は、少々疲れたので家内と車で箱根へ行って来ました。

8時半に自宅を出発。途中、鶴見区役所に立寄り証明書を発行して貰う。
第一京浜、一国の一般道路を走る。
途中から新湘南バイパスに入り、茅ヶ崎ICで一般道へ。
ドッキリすることが。
片道2車線の飛ばしやすいコーナーでオウビス警報装置が突然鳴りだす。
ギョッ、ネズミ捕りだ。
暫く走ったら警官二人が旗をふって飛び出してきた。目は私の後ろの方を見ていた。
セーフ。尤も、私が捕まるなら、前を走っていたタンクローリーの方がスピード出ていたから大丈夫だとは思っていたけれど、警官の姿の出てくるタイミングがあまりにも・・・。

西湘バイパスを走って箱根湯本から小涌園へ。ナビ通り11時半到着。

Dscn0503

バイキングと温泉入浴セットの安い券をネットで家内が購入していた。
先ずはバイキングへ。

Dscn0502

少量多種でお腹いっぱいだ。
一番美味しかったのはローストビーフでした。
ケーキはいまいちかな!

次は、向かいの岡田美術館へ。

Dscn0505

小涌園で200円割引の券をゲットしていたので、一人2600円で入場。
美術館としては高い。昨年できた美術館で建物も豪勢だ。
展示の陶磁器は豊富。
2Fでは歌麿の「深川の雪」に人だかりだ。
少し離れたところで副館長がフリーで「深川の雪」に関すること等を説明している。あまり目新しいことはなかった!
「深川の雪」の肉筆画はテレビで見た時に感じた以上の出来でした。
修復した人達の技量はたいへんなものです。
5Fまで総ての展示物を見る。2時間かかった。
疲れた〜。

小涌園に戻って温泉へ。

Dscn0506


1時間、サウナ・露天風呂・内湯とのんびり楽しむ。
緑の中の露天は気持ちが良かった。

同じ道を帰るのは能がない。
家内がアウトレットに行きたいというので御殿場へ。

Dscn0508

平日なので混んではいなかったが、相変わらず中国人が多い。
アウトレットがあちこちに出来たので、代わり映えが無いなぁ〜!
日常品を購入するに留めた。


夕飯は高速道に沿った一般道にある「たから亭」へ。


Dscn0516

この店は、金時山登山の帰りに、三島のKISさんがちゃんぽんが美味しいのでぢゃりさんと私に是非ということで連れて来てくれた。
その日は貸し切りで一般客は入れなかった。私達も入れずに名鉄の中華店へ変えたので、一度立ち寄りたく思っていた。
場所は判りやすいので、間違わずに到着。

ちゃんぽんと皿うどん(各1260円消費材込み)、杏仁豆腐(500円)を注文する。

ちゃんぽんは今の時期はアサリ、冬は牡蠣が入るとのこと。
滅茶美味い。
長崎の地やリンガーハットで食べたものとは全く違う嬉しい品でした。
エクセレント!

Dscn0513


皿うどんもいけます。

Dscn0511


杏仁豆腐は甘すぎず、なかなか良かった。

Dscn0515

大変満足しました。
冬来る機会があったら牡蠣が入った「ちゃんぽん」を注文しよう!

あとは一目散に御殿場から東名を走り、町田・横浜ICから保土ヶ谷バイパスを走って、狩場から首都高へ。
生麦ICで出て第一京浜を走って我が家へ。
20時到着。

充実した一日になりました。

« さんま缶の柳川風 | トップページ | 豚こまと厚揚げの中華風炒め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミミイチでーす。noripiさんは、優しいですね。我が家だったら絶対疲れたら行かないコースです!っていうか、行きたくないコースですね。運転してもらうのがこわぁ~い(>_<)皿うどん、美味しそう(^_^)v疲れてない日に行ってみたいな!

ミミイチさん、コメント有り難う御座います。
歌麿の肉筆画「深川の雪」を見たくて計画していました。
家内がネットで半額になる小涌園の食事・温泉のセット券を購入しました。
シニア夫婦はじめ若いペアなど色々な人達が利用していました。
4000枚以上売れたようです。
老舗のホテルでもネット時代に対応しないとやっていけないのかも!
「たから亭」は雰囲気の良いお店でした。
駐車場には東京や横浜ナンバーの車が多かったです。
お薦めの店です。

少し疲れたブルーな気持ちを吹き飛ばす、素敵な一日になりましたね。奥様、喜ばれたでしょう。
副館長のありきたりの説明!ハハアーンと思いました。
チャンポンは、海鮮の出汁がキーですよね。冬季、プリプリの牡蠣はどこまで美味しくなるのでしょうか^_^
わたしは、来週末あそこで少しのブルーを発散します。

lone wolfさん
歌麿の肉筆画について取り上げたNHKの二つの番組をご覧なった方には、目新しいものがなかった。
初めての人には興味が沸くのでしょう。多くの人が集まっていました。
副館長が多くの人の前で話すことの意味は?
説明書なり、解説のディスプレイを詳しくすれば済むような気がしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さんま缶の柳川風 | トップページ | 豚こまと厚揚げの中華風炒め »