リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« 陳麻婆豆腐のチャーシューネギ拉麺 | トップページ | 酒粕漬けのポークソテー »

2014年11月21日 (金)

ウフィツィ美術館展へ

木曜日の昨日は2週連続で上野へ。

Cimg0042

東京都美術館で開催されているウフィツィ美術館展を鑑賞のためです。
東京都美術館は2年前フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」を鑑賞に行って以来だ。
今年最後の美術品鑑賞になるかな(尤も3度しかないけど・・・)!


Cimg0039


100円割引券を持ってチケット売り場へ。前の年老いたご婦人が私と同じ割引券をだしたところ、売り場の人から「65歳以上を証明するものをお持ちですか?・・・・次回から必ず持参して下さいね」と言われ、900円を支払った。「えっ、65歳以上は1600円が1000円になるんだぁ!更に100円引き・・・・」運転免許証は持ってきていないけど、前の婦人のように「65歳以上なんですけど」と言ってみよう。
ハァイ!900円で入場出来ました。東京都は優しいねぇ!
各種の施設等ではシニア割引があるケースが多いから、免許証を持参することを忘れないようにしょう!


Cimg0058ウフィツィ美術館に所蔵されている作品をメインに、アカデミア美術館、パラティーナ美術館、捨て子養育院美術館などフィレンツェを代表する美術館から16世紀のフィレンツェ美術を牽引した主要な画家たちの約80点の作品の展示です。

好きな画家のボッチェリーの「パラスとケンタウロス」が素晴らしい。
初期の聖母子像や晩年の宗教感情みなぎる作品どれにも感動を覚えた。
パラス観ていると、フィレンツェに行ってウフィツィ美術館の至宝「ビーナスの誕生」と「春」の本物を見たい気持ちが強くなった〜・・・。

ブロンヅィーノやアンドレア・デル・サルトら16世紀フィレンツェを代表する芸術家たちの作品も楽しめた。
ルネサンス絵画の親しみを感じた鑑賞でした。

鑑賞後は寒い中、東京駅までウオーキング。
アメ横を通ってJR御徒町駅から線路に沿って秋葉原方面に歩くと高架下に「2k540 AKI-OKA ARTISAN」がある。
「ものづくり」をテーマにした施設で、ギャラリー、工房、カフェ、ショップなど高感度で質の高いものが多かった。

Cimg0043


秋葉原からは国道4号にでて、日本橋方面へ

Cimg0047


Cimg0050


室町のホテル・マンダリンオリエントと日本橋三越

Img_0170


日本橋高島屋と丸善本店


Cimg0052  Cimg0053

東京駅八重洲口グランルーフ

Cimg0056


日本橋は高級感を感じる店などが多いなぁ(私には縁がとんとないが・・・・)!
上野から電車で東京は4駅めになるが、歩くと近い。
秋葉原から東京までは、先週は線路の西側をメインに、今回は東側を歩きました。

« 陳麻婆豆腐のチャーシューネギ拉麺 | トップページ | 酒粕漬けのポークソテー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陳麻婆豆腐のチャーシューネギ拉麺 | トップページ | 酒粕漬けのポークソテー »