リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« 白菜サラダNo.2 | トップページ | 次男の引越 »

2015年2月 7日 (土)

人生最後の車購入

消費税の値上げはなくなったが、エコカー減税(重量税は27年4月末、他は3月末)が終わる前に、人生最後の車を昨年から検討していた。
これまで乗ってきたエクスレイルは一番大好きな車だったが、ガソリンがくうこととこれまでのように氷雪道は走らないから4駆は諦めて、維持費の安い車を選ぶことにした。

Cimg0077選び方はどうしたか!
自動車税はエコカーの場合、取得年度は減税にならず翌年度のみ減税になる。ハイブリッドなら75%の減税だ。
1.5l以下なら34500円が9000円に、2l以下なら39500円が10000円になる。
3年後の車検時の重量税も36900円が0円になる。
年金生活者なので少しでも自動車に関する税金の節約をと考え、1.5㍑以下でハイブリッド車(取得税や重量税は0円)を選んだ。
悩んだのはアクアX-URBANにするかセダンのGLACEのどちらにするかだ。
セダンは今流ではないけど・・・・。
セダン全盛期のときは違うタイプにと思いSUVを購入。
臍が曲がっているのかもしれない。
同じ価格にするとGLACEの方がはるかにハイスペックでオプションの数も多くなった。
それ以上に愛車の下取りが決定的だった。14万円以上の差がでた。
トヨタの評価が私の愛車評価が3万円以下ではあまりにも酷い(その後、裏ワザ方法による再評価の金額を提示されたが・・・・)!
タカタ問題で対応が後手にまわったこと(トヨタは上手に対応した。トヨタも多くはタカタのエアバックを搭載している)、再三のリコール問題で苦しくなったホンダに頑張って欲しい気持ちも強い。
エクストレイルを買った時も日産が苦境にあった時だ。
業績好調なスバルとマツダは選択肢から外した(現役なら水平対向エンジンかディーゼルを選んだろう。マツダのデイーゼルは試運転したが素晴らしい)。
同様な価格なら、仕様がハイスペックでオプション数が多くつけられて業績弱者を応援したくなる。
マニュアル的な遊びが少し出来るのも選択の理由の一つだ。
エマージェンシーブレーキがついているが、それを頼りにするようなら運転しない方が良い。使わないですむ運転をしま〜す。万が一のため装備しています。
ナビ装置ではスマホのハンズフリーで受発信が出来るし、フロントガラス・ドアミラーに熱戦が入っていたり、クルーズコントロール等の機能がついていたりして、愛車のエクストレールとでは装備が桁違いに良い。


Cimg0078

シニア向けの地味なグレースを選択した。


慣れるまで時間がかかるかも。
運転と安全に関しては早く慣れ、その他は少しづつ覚えていくのも楽しみだ。

Img_0310


10数年乗った愛車のエクストレール、ご苦労様でした!

« 白菜サラダNo.2 | トップページ | 次男の引越 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

SUVからAQUA(ハイブリッド車)へ乗換えですか、都会の走りが中心ならその方が良いですかね。私は田舎ですから、まだまだSUVを乗り続けます。

長年愛用されたエクストレイルが、もう見れないのですね。甲斐な山々を、CRVと並走した事が懐かしい‼️ 私は、あのCRVが大好きでした。

knk443さん
アクアではなくホンダのセダン グレースに換えました。
ハイブリッド車です。
運転席が低いので、慣れるのに時間がかかるかも!

lone wolfさん
山梨ではSUVが最高でしたね。
貴方のCRV懐かしいねぇ!

エクストレイルから今の車に変えたとき、TOYOTAとスバルでは下取りが60万円もちがって、結局スバル四駆トレジアに。その車も先月車検を済ませました。新車はいつも気分がいいですね。

Amigoさんも、前の車はエクストレイだったんですね!
新型エクストレイルはディーゼル車をなくしてハイブリッド車を付け加えようとしたが、開発が遅れていて発表出来ないでいる。
ハイブリッド車が発売されるなら購入の選択肢に考えていたのですが。
歳だから、スピード狂を返上することにして今の車を選びました。
スピード違反で免許取得してから捕まったことが一度もありませんのですが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白菜サラダNo.2 | トップページ | 次男の引越 »