リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« 早池峰 1,917m その1 7月18日(土) | トップページ | 早池峰 1,917m その3 7月20日(月) »

2015年7月23日 (木)

早池峰 1,917m その2 7月19日(日)

朝・昼のおにぎりを受け取り、5時前に「峰南荘」前の駐車場へ。
軽自動車前で着替えをしているマイカー規制のボランテイアがいる。
小田越の駐車スペースの確認で彼と少し話をしたが、人柄が良い。
雨の中、マイカー規制前に出発。シャトルバス代(片道700円)の節約
20分程走って、小田越登山口に到着。規制線を少し超えた所に車を駐車。
雨なのでレインウエアーやザックにカバーをかける。
5時半に登山開始。
樹林帯の1時間半、雨は降っているが風はなく順調に歩く。
御門口一合目から高山植物が見られると同時に横殴りの風雨の中を歩くことに。
登山を続けるかの判断ははしごがある天狗の滑り岩ですることに。
更に五合目御金蔵を越え八合目の天狗の滑り岩へ。

福岡からきたというご婦人2名が顔色を変えて問われた。彼女たちがトイレにいっているうちに一緒に来た男性を登山口で見失ったとのこと。東北訛りのように感じたが九州人でした。(頂上で同行男性と会うことができたとのこと、シニアの男はそそっかしいなぁ。確認しないで女性陣が先行したと思うなんて)。


風がなければ素晴らしいお花畑である。

固有種のハヤチネトウウチソウ、ナンブトラノオやハヤチネウスユキソウ。

Img_0643


Img_0617 Img_0621


タカネナデシコ、イブキジャコウソウ、サマンヨモギ、ミヤマアズマギク、ミヤマキンバイ、ミヤマオダマキ、ハクサンシャジン、ミヤマアケボノソウ、チシマフウロ等が登山道の脇に咲き乱れている。

P1000216_2


Img_0647

P1000215_2

ミラーレス一眼レフカメラの電源が途中で入らなくなり、スマホで花を撮る残念なことになった。

風雨が少し弱いので、はしご場を登り頂上へいくことになった。
はしごを越えて暫く登ると、小広い平坦地にでる。あれほど酷かった風雨が嘘のように全くない。

今までとは違ったお花畑だ。
ハクサンチドリの多いことには驚いた。ヨツバシオガマやミヤマシオガマ。
小ぶりのコバイケイソウが綺麗だ。チングルマやコバノツメグサも。
ここでスマホの電源が消耗してしまう。トホホ〜。

Img_0651


Img_0657


Img_0658

頂上でKON氏の一眼レフで記念写真。
避難小屋前で朝昼食のおにぎりを食べ下山へ。

八合目の天狗の滑り岩のはしご下りは強風雨で少し怖かった。
蛇紋岩が雨で滑るのと上りの時より風雨が強く感じて難儀した。
それにしてもHIGさんの下山スピードは凄い。
追いつかないので慎重にゆっくり下山しました。
登山口には13時前に到着。
雨に濡れた登山ウエアなどを履き替えて、マイカー規制が解除されているので、
13時20分に車で出発。

宿泊地に行くには時間が早いので、藤原の里もしくは宮沢賢治記念館のどちらに行きたいか希望をきいた。
任せるというので、大好きな懐かしい宮沢賢治記念館へ。
メンバーの皆さんのくらいつきにビックリ。なかなか展示室から出てこない。
仕方がないので、大好きな「注文の多い料理店」のDVDを見ていたら迎えがきた。
記念館の周りの環境も喜んでもらえた。山猫軒でのお土産購入も凄かったねぇ。

国道4号線で宿泊地の奥州市水沢へ。
KON氏がネットで予約してくれたので、彼のメンバーズカード+JAF会員カードでかなりの割引でとまれた。出来立てのホテルで綺麗。サービスも良い。
2時間休憩後の19時にロビー集合。私は大浴場でのんびり汗を流した。女性陣はコインランドリーで洗濯とお風呂のようだ。

折角岩手に来たのだから地の美味しいものをと思い、前日に有名な割烹に予約の☎をしたが、予約満席で断られた。
ホテルで地のものの他の店を教えて貰い、皆で出かけたが満席。
チェーン店の店へ。魚以外は京浜地区で食べるより美味しい。
よく飲み、よく食べ、よく話した。

今回の風雨は北岳で一泊延長した時の比べて1/3の強さというのが皆さんの感想だ。とはいえ、体調などもあるので無理と思った人が一人でも出たら退却を決断することにしていた。皆さんが安定していたので尾根を通過することが出来た。
お陰でメチャ楽しい一日を過ごすことができました。

« 早池峰 1,917m その1 7月18日(土) | トップページ | 早池峰 1,917m その3 7月20日(月) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

またひとつ、ずっと記憶に残る山行になりました。この山のお花畑は、やはり見事でございました。

風雨がなければ、もっと良かったのに!
強烈に記憶に残ることになりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早池峰 1,917m その1 7月18日(土) | トップページ | 早池峰 1,917m その3 7月20日(月) »