リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« 釜石で見たこと | トップページ | 椎茸と豚肉の甘辛煮込み »

2015年10月28日 (水)

釜石から国道45号線(三陸海岸を走る道路)を使って

昨日27日9時半過ぎに再従兄弟が車でホテルに迎えにきてくれた(私の車は彼の店の駐車場においておいた)。
前日の夜は街の中心を案内してくれた。
釜石の津波被害で底上げ工事等をしているエリアから展望が良い高台を案内してくれた。車がなければ大変な高台に仮設住宅がある。生命が助かった被害者の生活の大変さを感じた。特に高齢者は・・・。
国道45号線を北上。
釜石で一番被害があった両石湾、市役所も跡形なく流された大槌町と山田町まで案内シてくれた。再従兄弟の友人も津波でかなりの方が亡くなっている。
復興住宅の完成しているところは見当たらなかった。
TVでみるのと現実は違いすぎる。まだまだ!

P1060759


P1060761


P1060765


P1060773

いたるところで復興事業のダンプやトラック、三陸自動車建設のダンプ等が多く走っている。
海は綺麗だが土埃が凄い。
この状況は帰りに気仙沼まで国道45号を南下したが、そこも同じで土埃を巻き上げながらダンプの数の多さと群青色に輝く三陸の海のアンバランスには驚く。
三陸自動車の一部開通区間は無料で走れる。
有料道路になる道路の傷み方やトンネル内の埃や汚れには驚かされた。
それだけ復興事業に重量車が走っているということだと思う。
底上げ等の工事は3年くらいで終わるのだろう。その後の町にはどのような生活が待っているのだろうか?課題は多いし、被害地区だけで解決は出来ない。国の関わり方が問われるし、我々の問題でもあると感じた。


P1060776

お昼前に従兄の家に戻る。
従兄姉と数時間話をする。彼の店でお土産を買う(いつも沢山送ってくれているのですが、今回は少しでもお金を地域に落としたいので無理を言って買わせて頂いた)。

Img_0812_2


13時50分に釜石を出発。国道45号線を南下。
大船渡から陸前高田は無料の三陸道を走り、宮城県に入る。
途中から唐桑半島に入り11キロ先の巨釜半造の折立へ。
小山時代に写真を撮りにきた懐かしい場所だ。
海が静かだ。良いところです。


P1060778


P1060779


また45号線に戻り、三陸道を走って気仙沼へ。
気仙沼から北上高地越えで一関ICへ向かう。
海側と違って、急に空気が澄みきってくる。あまりの違いに驚いた。
千厩から国道を離れた道をナビが示す。近道か時間短縮なのだろうと素直に従って走らせたのが失敗。ヘアピンカーブ連続の細い舗装山道を走ることに。走っている車がいないし、暗くなるしで・・・・。平野に出た時はホッとした。時間は短縮したのだろうが、それ以上に疲れきったのが実感でした。
一関ICから東北道に入り、夕食や休み休みをとりながら走る。
東北道の上りはトラックが殆どだ。それでも走りやすかった。
0時40分自宅に到着。

釜石までの往路は603km。復路は一部区間に海側を走ったが同じ603kmであった。
往復1207kmでした。

« 釜石で見たこと | トップページ | 椎茸と豚肉の甘辛煮込み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

長距離運転🚗お疲れ様でした。私もこの間訪れた南三陸、石巻でも同じようにカサ上げだけされたところばかりでしたね。復興は、まだまだ遅れていると感じました。釜石名物、あの橋上市場無くなっていたのですね。釜石、鵜住居出身のご近所だったひとがおられます。よく話しを聞きました。

lone wolf さん
TVでみるのと、現実は違いますね。
何事も現場を知ることからでないと・・・・。
感性がない人は現場にいても現実はみれないのでしょうけど

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 釜石で見たこと | トップページ | 椎茸と豚肉の甘辛煮込み »