リンク先

  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • FUさん
    雨にも負けず風にも負けず:仕事を退き、第二の人生の山歩きを中心にした日常行動の紹介です。
  • 私の公開画像で~す
    花や山やイベントがメインの写真です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« 鶏もも肉のにんにくオイスター炒め | トップページ | ひき肉と豆腐の香辣脆うま煮 »

2016年3月 7日 (月)

PCリテラシーの劣れ

MacのOSをOS X v10.10 YosemiteからOS X v10.11 El Capitanにグレードアップしてから暫くの間、問題が生じないのでルンルンであった。
ある日、外付けHDDがONでモーターが動く音がしていたと思ったら止まり、電源が落ちる現象に陥った。何度試しても読み取れない。
外付けHDDの寿命は6〜7年ともいわれている。Windowsマシン時代に購入したから7年経っている。仕方がないのかな?と思った。
DVD/CDなどにバックアップしていない貴重な古い画像が沢山ある。
復旧させるには金がかかる。最高で30000円という良心的な所に依頼するしか手立てがない。物凄く痛手である。
Macの中の内部HDDに余裕がなくなっている。
先ずは外付けHDDを買ってデータを移すことにした。
以前より安くなったとはいえ、結構な値段だ。
MacとWindows両方で使える東芝製のポータブルHDDを購入した。
HDDに内蔵されている「Tuxera NTFS for Mac」をMacにインストールすることにより、OS X での再フォーマット不要でデータをWindows®とOS X の両方で読み書きできる(壊れたと思った外付けHDDも、Mac購入後にMacで使えるようにした)。
新しい外付けHDDが使えるようになった。
USB 3.0対応なのでデータ伝送が2.0に比べて速いので快適だ。

P1070137


金を貯めてから壊れたHDDを救済しなくては・・・・・・・・・。
数日過ぎてから少々冷静になったからか、Windowsマシンに繋げば壊れたHDD が動くかも?と思った。
その前に、念のためにもう一度Macで試してみようと思った。
繋いでみたら正常に読み書きが出来る。
助かった、それにしても何故?
考えられることは、El Capitanに対応した「Tuxera NTFS for Mac」をインストールしたとしか!
OSをバージョンアップした時に旧のTuxera NTFS for Macが壊れたのかもしれないなぁ〜。
これまで、OSのバージョンアップではIOに問題が生じなかったので安易になっていたようだ。
PCリテラシーの劣れを自覚すべきということか!


« 鶏もも肉のにんにくオイスター炒め | トップページ | ひき肉と豆腐の香辣脆うま煮 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鶏もも肉のにんにくオイスター炒め | トップページ | ひき肉と豆腐の香辣脆うま煮 »