リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« スーパー銭湯「おふろの国」 | トップページ | 5年目 »

2016年3月10日 (木)

父方の従兄が近くにいるとは・・・・・

昨秋に釜石の従姉の所に行った時、彼女から従兄の息子が蒲田でラーメン店をしている。
従兄も手伝っているから一度訪ねてみたらと言われていた。
蒲田へ出かける機会がなくて,延び延びになっていた。
昨日、思い切って開店時間の11時にでかけた。
横浜家系の「えびす家」という店です。

Img_1062


店に入り、券売機で家系ラーメンを購入した。
遠くにいるシニアが近づいてきた。
どこかで見たような顔に思え「◯◯さんですか。横浜の」と尋ねたら、「横浜の△△さんですか。釜石の従姉から伺っています」と応えてくれた。
初めは店を出る時に尋ねてみようと思っていたのだが、あまりにも父方の親戚に多い顔だったので、つい尋ねるのが早くなってしまった。
父は大家族の末っ子で、私が知っている兄弟は3名で既に故人。
他の兄弟は東京にいるとか言ってはいたが?
従兄弟で知っている人は少ない。まして京浜地区に・・・・・
従兄弟同士といへえ、苗字が違うのでどのような関係か分からなかったが、「浜の・・・」という言葉で思い出した。亡父の実兄が浜の◯家に養子に入ったから、そこの息子なので間違いなく従兄弟にあたる。
父方の墓参の時は◯家のお墓にも参ったことが目に浮かんできた。
彼は私より7才年上だが、この歳になって親戚があるとはビックリもんだった。
彼の住まいは川崎の大師町、仕事場は蒲田とご近所だ。
店に他の客が来るまで話し込んでしまった。
息子さんは真面目な人で好感がもてた。

Img_1063

ラーメンは豚骨の横浜家系の典型でした。
卵と海苔のトッピングをサービスしてくれました。
横浜家系のラーメンを食べたくなったら、えびす家を利用することにしよう!
川崎で一杯やることを約束して別れた。

« スーパー銭湯「おふろの国」 | トップページ | 5年目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパー銭湯「おふろの国」 | トップページ | 5年目 »