リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« ナツツバキ | トップページ | たこ、マッシュルームとカリフラワーのアヒージョ »

2016年6月17日 (金)

墓参に仙台へ

息子夫婦が結婚する前から、亡祖父母の墓に結婚報告に行きたいとの要望があった。
夫々の都合がつかず、式後約3ヶ月の昨日に日帰りで仙台に行きました。
10時に東京駅構内の東北新幹線入口で待ち合わせ。
上野・大宮だけしかとまらない「はやぶさ」で仙台へ。
今回は観光客が多いようだった。満席だったが仙台で2/3の乗客が下車。仙台からの乗客を乗せて半席の状態で函館へ向かって出発して行った。
東口への通路が以前と変わっていて驚いた。

Img_1308


東口には妹夫婦が車で迎えに来てくれた。
結婚式に参列することになっていたが、妹が前日にベットから動けなくなる急病で、二人ともやむをえず欠席になった。お嫁さんとは初顔合わせです。
昼食に明治30年創業の老舗料亭東洋館を妹夫婦が予約していて、車で移動。

Img_1312

東洋館は総て個室で、広瀬川と仙台の街を眺めながらの優雅な食事になりました。


Img_1309

P1070690


昼食には豪華すぎる会席料理で美味しく、妹夫婦からご馳走になりました。
約2時間過ごした後は車で20分移動して墓参へ。

P1070699
息子夫婦は結婚の報告が出来てホッとしている様子でした。


「行きたい所があれば」という心配りに甘えて、仙台城まで送ってもらい、そこで妹夫婦と別れました。
妹夫婦には大変お世話になり感謝で〜す!

P1070707

一寸驚いたこと。
息子たちは荒城の月は知っているが、作詞者の土井晩翠を知らないということ。
彼等の学校時代には音楽では習わなかったようでした。

P1070708


タクシーで一番町へ。中央通りを歩いて仙台駅方面へ。
沢山ご馳走になったのでお腹はいっぱい。
夕食を東京へ行ってから食べるか、仙台でとるか?
牛タンはハードなので無理だと悩んでいるので、鮨勘にはいる。
仙台に来た時のいつものコースになった。
お腹いっぱいと言っていたのに一巻の寿司は別腹のようでした。

18時20分発の「はやぶさ」で帰横。
全車両「はやぶさ」だが、後ろの4両は新型「こまち」の2・2席の車両でした。
こまち型の車両に乗ったのは初めてでした。
20時半過ぎに帰宅。
充実した時間を過ごすことが出来た一日でした。


« ナツツバキ | トップページ | たこ、マッシュルームとカリフラワーのアヒージョ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナツツバキ | トップページ | たこ、マッシュルームとカリフラワーのアヒージョ »