リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« 夏野菜炒め | トップページ | 一番近いところにスーパーマーケットが開店 »

2016年7月22日 (金)

個人番号カードの交付

Img_1359パスポート更新の時にパスポート用と証明用がセットになった写真を撮った。
証明用が余っているので、それを使って個人番号カード発行の申請をした。
申請当時は遅くとも2ヶ月後には手に入ると思っていた。
通知カードでは、私の手元に届いたのが総務省発表の期限ギリギリであった。
酷いトラブル続きもあるが、大都市の住民には人が多いためにサービスが行き届かない。
なんと、半年後になってやっと交付通知書が郵送されてきた。
総務省は8月中には郵送が完了するとしていたから、良しとしなくてはいけないのかなぁ〜??????
交付期間は10月迄となっていた。忘れっぽくなってきた私は早速、個人番号カード交付予約をHPから行った。
自転車で行くつもりで、交付予約日時を2016/07/21 09:30〜10:00としたが、雨が降るとは!
平年では梅雨明け日になるので、まさか雨になるとは思わなかった。
交付場所が鶴見区役所なので結構遠い。
交付通知書、通知カード、本人確認資料(運転免許証と健康保険証の2点)、認印を持参して
濡れながら30分歩いて出かけた(駐車場は機械式2棟で区役所をグルっと取り巻くように順番待ちになっていた)。
エレベータで6Fの臨時交付所へ。

Img_1360


中に入ると各手続きで9名、順番待ちで8名もいた。
30分14名で受付しているらしいのだが、ICチップに暗証番号を交付者本人がタッチパネルで数字・アルファベットのインプットする5ヶ所がスムーズに流れない。
手続きに来ている人の多くはシニアだが、大学生らしい若い人が2名ほどいた。
ICチップのところは直ぐに終わったが、それでも待ち時間を含めて30分かかった。
来ている人達を見ると仕方がないのかなぁ〜と思った。
雨の中歩くのは嫌になり京急鶴見駅から電車に乗って帰ってきた。

発行された個人番号カードを使うことは現時点ではない。
個人番号は見られないようにしてあるカバーを配布されたが、証明用に使う気はしない。
住民票等の行政証明書がコンビニで発行出来るようになる来年の1月以降になれば使うことがあるのだろうけど!
通知カードは貧弱な紙だから、保管場所を決めていても紛失しやすい。
プラのカードは厚みがあるので、その点では少し良いかも!
今のところメリットはそれくらいですかねぇ〜

« 夏野菜炒め | トップページ | 一番近いところにスーパーマーケットが開店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏野菜炒め | トップページ | 一番近いところにスーパーマーケットが開店 »