リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« 1月6日の行事 | トップページ | カラスミのパスタ(生のカラスミと焼きカラスミのパスタ) »

2017年1月 7日 (土)

1月4日のこと

相手先の保険会社から電話がはいる。
「代車はディラーにお願いしたので、この後の修理等などはディラーの工場長に連絡してください」と話した。
私の保険会社から電話がある。
特約で人身傷害保険がついているので、今後の娘夫婦の日米における通院に伴う診断料の領収書、診療報酬明細書や交通費を私窓口で保険会社から支払いを受けることになった。

16時に相手先の会社の社長と事故窓口が尋ねて来て、謝罪を受けた。
車検切れと自賠責未加入の原因は言い訳にならない言い訳をしていたが、チェックもれとしか言いようがないのも事実なのだろう。
しっかりしている会社ではないというのが感想。
工場の勤労を職務としていた時代を思い出した。
従業員の方が100%悪い加害者のケースは稀である。
私用車で私用時間に起こした事故でも、会社側の勤労が見舞いにくるかどうかで評価が変わる場合が多い。
人身事故は厄介で相手も悪く、半々と被害者が感じでいるときは、係員に対応させた。
この場合、マネージャーがでると相手の警戒が強くなることが多く、企業のイメージダウンにつながる場合が多い(個人と会社の関わりになることを嫌うから)。
事故に関する費用は保険ですむだけに、感情のもつれはやっかいだ。
出すぎないようにして、相手の感情を読み取り対応してきた。
明石工場が工場勤務の中で一番、地域がうるさかった。神経を使ったことが思い出された。
今後の医療費等病医院に関するやり取りは私の保険会社経由ですることに。

17時に代車をディラーで受け取った。
当方での色々な遣り取りは話さなかったが、ディラーはプロだけある。車検切れの場合の被害者側の対応の大変さを理解しているようで、ねぎらいの言葉を頂いた。
電話等の遣り取りで忙しい一日であった。
3日間、このことだけで追われたように感じて、少々疲れた。

« 1月6日の行事 | トップページ | カラスミのパスタ(生のカラスミと焼きカラスミのパスタ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月6日の行事 | トップページ | カラスミのパスタ(生のカラスミと焼きカラスミのパスタ) »