リンク先

  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • FUさん
    雨にも負けず風にも負けず:仕事を退き、第二の人生の山歩きを中心にした日常行動の紹介です。
  • 私の公開画像で~す
    花や山やイベントがメインの写真です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« マグロポキ | トップページ | 菜の花と豚肉の炒め »

2017年3月 6日 (月)

新横浜ラーメン博物館

横浜に住んでいて、また新横浜に本社があった会社の役員をしていたこともあって週2日は新横浜に通っていたのに、身近過ぎて新横浜ラーメン博物館は行ったことがなかった。
日経新聞の記事に「飛行機とフェリーを乗り継ぎ8時間。本店の営業時間は2時間30分。日本一?のハードルの高さのラーメンとして利尻島らーめん味楽」が載っていた。
夕飯を作るのが面倒になった家内の提案で、新横浜ラーメン博物館で利尻島のラーメンを食べに行くことになった。
入館料は60歳以上100円、大人は310円だ。
駐車料金は30分無料でその後は30分250円だが(駐車時間により次回の無料入場券1枚から3枚貰える)、4人の電車代往復を考えると車で出かけたほうが安いし20分と近い。
日曜日の夜でも人が多いのには驚いた。

Img_0656

利尻島らーめん味楽は40分待ちで一番人気であった。
順番待ちで並んでいたら、増々列が長くなった。
私は焼き醤油らーめん900円とトッピングのとろろ昆布100円のチケットを購入。3人はミニ醤油らーめん570円を。

Img_0654

利尻産の利尻昆布をふんだんに使った和風スープと豚骨・鶏ガラの動物系スープをブレンド。醤油ダレを焦がしスープに注いでいる。濃厚な昆布ダシと動物系の旨味が重なり合い、香ばしい醤油の香りがプーンと鼻をくすぐります。
麺は中太の熟成ちぢれ麺を使用で、昔の札幌ラーメンの麺に似ている。
味が濃いのが特徴で、7割食べた後でとろろ昆布を入れると更に濃さがます。
何故か懐かしいラーメンでした。

その後は札幌のすみれのミニ味噌ラーメンは殆ど待たずに食べられた。

Img_0660

味噌が滅茶濃い。こんなに濃いのは初めてだ。全く大蒜の味がしないので肉味噌を食べてる感じ。赤い柚子胡椒を入れると美味しかった。

娘夫婦は熊本ラーメンを食べたらしい。滅茶あっさりしていて驚いたようです。
ソフトクリームを食べて帰宅へ。
新横浜ラーメン博物館はもう廃れていると思っていたが、凄い人なので吃驚ました。
日曜日のせいなのかもしれないが・・・・・・・・
 
 

息子の会社の上場祝に送られてきた胡蝶蘭二鉢が我が家に。
リビングにドーンと大きなスペースをとって、その存在を示しています。

P1080465


« マグロポキ | トップページ | 菜の花と豚肉の炒め »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マグロポキ | トップページ | 菜の花と豚肉の炒め »