リンク先

  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • FUさん
    雨にも負けず風にも負けず:仕事を退き、第二の人生の山歩きを中心にした日常行動の紹介です。
  • 私の公開画像で~す
    花や山やイベントがメインの写真です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« 小山へ | トップページ | インゲンの胡麻和え »

2017年5月22日 (月)

石裂山(オザクサン)

20日(土)は山の会の登山日です。
場所は栃木県鹿沼の石裂山879mだ。
私は今年初の参加で、栃木G7名の計8名です。。
子供と同じで前日は眠れずウトウト状態で家を出発。
川崎発6:23の上野東京ラインで小山へ。切符は休日おでかけパスで。
小山駅にKOG氏が迎えに来てくれた。
鹿沼の上都賀病院前でメンバーで参加者全員が揃う。
登山口の無料駐車場は県外ナンバーの車でいっぱい。後からくる人のことを考え、きちっと駐車すれば良いのに滅茶苦茶な停め方をしている。山を愛する人とは思えず、腹が立つし、情けなく鳴ってくる。
石裂山は石の山でした。
高さはない山なのに、岩場での梯子・鎖の連続。北岳の八本歯のコルよりきつかった。梯子を登っては梯子を下る連続。昨年は転落死があったとのこと。

P1080921

主目的のヒメイワカガミは盛りが過ぎていた。
それでも陽があたらない岩場に少し咲いていた。
一番良い状態で会えるのは難しいものです。
キツイ山登りで会えたのは幸いでした。

P1080922

P1080916


下りでは七十を目の前にしたSU氏と私二人が皆さんから遅れることになった。
途中で二人とも浮石に乗り上げコケた。
「昨年より今年と肉体的衰えがはっきり現れてきたね。皆さんと同じ歳の頃は全く感じなかった。七十というのは区切りなのかも。そろそろ限界かな。登山というよりハイキングに・・・・。怪我しては仕方がない。安全に下ろう・・・・」とお互いで話し合った。
先に行っていたメンバーが二人が下りてくるのを待っていてくれた。私の上半身のブレが酷いというので、私のザックをKN氏が背負い、膝のサポータをFUJさんが貸してくれた。
駐車場までのその後の下りはお陰で楽になりました。感謝!!
登山後はサンピア鹿沼に移動し、恒例の温泉です。疲れがとれる良い温泉でした。
そこで、栃木名物のニラそばを夕飯に。

Img_0962

サンピア鹿沼で解散。
KON氏が小山駅まで送ってくれた。
20:11の熱海行きの電車に乗り、我が家に22:40到着。

楽しかったが、肉体的衰えを痛切に感じた一日でありました。
そして滅茶暑い日でした。

ヒメイワカガミの他に見られた花は、クワガタソウ、銀竜草、コンロンソウ、ヒイラギソウ、葵、シロヤシオなどでした。


P1080899 Img_0952

P1080896 P1080898

P1080902_2 P1080941_2


« 小山へ | トップページ | インゲンの胡麻和え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした〜(^^) 帰って調べたら、2011.2013年の同時期に登っており3度目でした。
今回は、さすがに疲れましたな〜‼️ 花の名山、何時までもこの美しい姿を残したいものです。少し遅かったようですね。それでも、山頂付近の梯子で群落があったのは幸いでした。
マナー違反といえば、山頂のハーモニカ吹き男女四人組み。山頂を占領し、聞きたくもない演奏と歌。こっちは腹が減ってるのに、一緒に歌いますか〜〜⁉️は、ないだろう。とっくに食事は終わってるのに、譲らない一等地。馬鹿野郎、こんな奴は山に来るな‼️です。

lone wolf さん
石裂山は手強い山でした。キツ過ぎた!
だから、貴重なヒメイワカガミが残っているのかもしれませんね(源氏山の全滅に近い最近の環境を考えると)。
シニアのマナー違反をする人は山ばかりでなく、いたるところで遭遇しますね。
情けないbearing

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小山へ | トップページ | インゲンの胡麻和え »