リンク先

  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • FUさん
    雨にも負けず風にも負けず:仕事を退き、第二の人生の山歩きを中心にした日常行動の紹介です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« たこの香草蒸し焼き | トップページ | オクラと豚肉の豆板醤炒め »

2017年8月 6日 (日)

八ヶ岳 編笠山 2524m

5日(土)八ヶ岳連峰最南端の山、編笠山へ行ってきました。
今回は最小の人数で5人。栃木G2名、山梨G1名と京浜G2名でした。
7時半に小淵沢ICをでて観音平に向かうコンビニが集合場所。
集合時間が早いので、3時45分に家を出発し、4時にぢゃりさんをピックアップして山梨へ。
昭和甲府インターをでて一般道路を走り、HIGさんをピックアップして再び中央道へ。
待ち合わせ場所で山梨Gと合流。コンビニで昼飯を調達。
登山口の観音平駐車場へ。
8時半過ぎに登山開始(ルート:観音平→雲海展望台→押手川→編笠山→青年小屋→押手川→雲海展望台→観音平)。
押手川から大きな岩がゴロゴロした細い急坂の登山路になり登りにくい。なかなか頂上にたどり着かない。古稀の二人はかなり遅れることに。
やっと辿り着いた頂上は小さい岩の集まりであった。昼食中に右太ももがつる(下肢静脈瘤の為に乳酸が?)。医者から出されたツムラの芍薬甘草湯を飲んだら、直ぐに痛みがとれた。
昼飯の間に瞬間的に雲間から権現岳が見えた。
記念写真をとって下山。青年小屋までは大きな岩の塊を降りる。金峰山より酷いし長い。

P1090237

P1090224

P1090239

P1090249_2

復路の押手川への道も岩がゴロゴロで降りにくいし長いこと。膝にガンガンくる。また右足が途中でつる。雲海展望台までKON氏にザックを運んでもらう。うんざりするほど、長かった。
雲海展望台からも40分の行程が50分かかった。途中でゴールデンリトリーバーを連れた夫婦と出会う。犬はグロッキー。奥さんが死ぬのではと心配していた(彼等は11時間登山の日帰りであった)。
17時半過ぎに駐車場に到着。此処数年にはなかった9時間の登山。
男三人の感想は2500m級の山は一泊しないと無理な歳になったこと。八ヶ岳の中では簡単な山と当初は思ったが、滅茶キツイ山であった(駐車場の車の状況からみると、一泊している人が多いような感じであった)。今後のことを考えると良い経験であった。
道の駅にある延命の湯の温泉で疲れを癒やす。
19時過ぎに道の駅で解散。
HIGさんを南アルプスのご自宅に届けて、昭和甲府から中央道へ。渋滞に全くはまらず。ナビが高井戸で降りて環八を指示。ナビに従って走り、22時45分頃、ぢゃりさんを届けて、我が家には23時10分到着。
長い長い一日でしたが、辛かった登山も終われば楽しい思い出になりました。


山で見かけた花はホタルブクロ、サラシナショウマ、ヤマオダマキ、ツリガネニンジン、ソバナ、ウスユキソウ、ヤマハハコ、イチヤクソウ、アキノキリンソウ、オトギリソウ、クガイソウ、トラノオ、リンドウ、アズマシャクナゲ、ハナニガナ、シモツケソウ、クルマユリ等でした。
その一部を掲載します。


P1090218 P1090206


P1090213 P1090222


P1090240


« たこの香草蒸し焼き | トップページ | オクラと豚肉の豆板醤炒め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。本当にめっちゃ!きつかったですなー。完全になめすぎておりました。編笠山、大したことないだろう!って。とんでもない!厳しい山です。なかなか辿りつけない山頂、下りの岩場酷いこと、青年小屋からのトラバース道の長かったこと、完璧にバテました。でも~、、、少数五人でしたが楽しい楽しい山行でした。本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。

lone wolf さん
本当に有難うございました。
最小の人数でしたが、それだけ色々と濃い登山でした。
思い出の強い編笠山でした。
メンバーに感謝です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たこの香草蒸し焼き | トップページ | オクラと豚肉の豆板醤炒め »