リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« ズッキーニのソテー ベーコンソースかけ | トップページ | モロヘイヤとひき肉のスープ »

2018年7月27日 (金)

浅草演芸ホール

昨日は浅草演芸ホールの夜の部を見るために浅草へ。

Img_2579

開演の16時40分より1時間ちかく早く浅草に到着。
街をぶらぶら歩いたが、何処の国かと思うほど日本人は少なく外国人の観光客の多さに驚いた。
メインでない新仲見世通りや細い路地にも。
ひとつひとつが独立した型で焼かれる天然型の鯛焼きの店で一つ。
う〜ん、いまいちかな!柳屋や浪花総本店の方が私好みだ。

Img_2559 Img_2574


飲み物や夕飯を買って落語を聞きながらとおもったがやめにして一風堂で。
期待はしていなかったが、つけ麺は下のランク。温かいラーメンがメインの店でつけ麺も同等の美味しさを保つところはないなぁ〜。逆はあるけど・・・・。

Img_2578_2
 
 
一人目が演じているときに入館したが、1F席は満席で2Fへ。
一番前に陣取っているおばあちゃん4人組の会話が大きな声でするのでうんざり。当方は歳のせいか人の声が聞こえにくくなってきているので。私より相当耳が悪いのだろう。観客の男は無視しているようだが、眉をよせる女性も。おかしいのはイントロのところで雑談しているが、芸の本筋に入るとピタリと会話がとまる。映画館では見られない光景に、これもいいのかもと思うようになった。
私が知っている落語家のさん喬・圓丈・志ん輔・花禄はさすが。
圓丈は歳をとったなぁという感じ。
二枚目の古今亭菊之丞は若い方だがこれからが楽しみな芸達者でした。
12名の落語の中に漫才・曲芸・紙切り・マジックの5組がこまれている。
能でいえば狂言と同じ役割のように感じて面白い。
TVで見たことがあるのは紙切りの正楽だけ。漫才の二組は初めてであったがネタが素晴らしく超面白かった。この人達は芸だけでは食べていけないのでは?副業は?と変な関心も出てきた。
21時に終了。地下鉄浅草線・浅草駅までの道は外国人ばかり。
土日しかこのような時間に電車に乗ったことがなかった。三崎口行きの快速特急に浅草駅で乗り座れた。日本橋から多くの人が乗ってくる。新橋からはギュウギュウ。
??通勤時間帯であることを失念していた。

生の演芸に嵌まっちゃいそう。滅茶楽しい時間を過ごすことが出来た。

« ズッキーニのソテー ベーコンソースかけ | トップページ | モロヘイヤとひき肉のスープ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も今月頭に浅草演芸ホール行きました(^-^)
昼の部の開演前に浅草に到着し、
ホッピー通りで昼(朝?)ビールを引っ掛けてから♪(´ε`*)

寄席はいいですね。
長い時間飽きずに楽しめますし、
退屈なところは居眠りしても大丈夫だし(笑)
ビール片手にお寿司をつまみながら…
なんて、堅苦しくないところもサイコーです。
おもわぬ掘り出し物が見つかったり、一期一会なライヴ感がクセになりますね(*^^*)

ぢゃりさん
寄席は楽しいですね。
アルコール入の花見みたい。肩肘張らずが最高。
末広亭、鈴本演芸場、上野広小路亭でも同じ空気ですか?

寄席ごとにちょっと違いますが、鈴本が席がゆったりで見やすかった印象があります。
あと末広亭は建物も古く、雰囲気では一番ですが席数(椅子)が少なく、それ以外(1階脇席、2階)は座敷なので長時間は辛いです(^_^;)

ぢゃりさん
ありがとうございます。
いねむりも飲食も鈴本が良さそうですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ズッキーニのソテー ベーコンソースかけ | トップページ | モロヘイヤとひき肉のスープ »