リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« ホタテの茶碗蒸し サーモン粕漬け | トップページ | 山の会一区切り »

2018年10月22日 (月)

哀悼

俳優で「積み木くずし」の著者の穂積隆信さんが亡くられた。

俳優座出身で名脇役といってよい演技を演じられた。
何といっても「積み木くずし」は多くの現実の課題を提供した本で300万部も出版された。
TV化されて大きな反響があった。

穂積さんとは私が40代の頃、ある講演に来ていただいたことがあった。
20数年後に今の鶴見に越してきて、数度お会いする機会が巡ってくるとは思わなかった。
話し合いの中で、口数は少なかったが的確で示唆に富む穂積さんのアウトプットが印象的であった。
彼の人生で大きな出来事であった「積み木くずし」に関わることは話すことがなかったし、私から水を向けることはなかった。
最後にお会いした(4人でカラオケを楽しんだ)とき、私が何気なしに「積み木くずし」という曲が好きなんですよと漏らした。
その時、すぐに反応された。
「あの詩は私が作りました。作曲を五輪真弓にお願いして出来た。彼女は作曲でも天才といって良い素晴らしい人です」と・・・・。
あ〜ぁ、道理で。大好きな歌手の一人の五輪真弓が作った曲だからか。作曲した人を知らなかったが心に響いたのだと・・・。
曲は物悲しい中にも生きるということを訴えているメロデイです。
ポップ調の曲の島倉千代子が大好きで、この曲は彼女が歌っていますねと向けたら、そらされた。う〜ん・・・・・・・・。

波乱万丈の人生を送られた穂積さんのご冥福をお祈りします。

« ホタテの茶碗蒸し サーモン粕漬け | トップページ | 山の会一区切り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホタテの茶碗蒸し サーモン粕漬け | トップページ | 山の会一区切り »