リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« 塩麹の塩豚 | トップページ | 七草粥 »

2019年1月 7日 (月)

吃驚

毎週土・日は江東区森下に娘夫婦のパン屋に家内が手伝いに行っている。行きは1時間かけて電車で、帰りは私が車で迎えに行っている。
5、6日は正月休みのせいか道は空いていて通常1時間10分かかるところ1時間かからずに目的地に行くことが出来た。
6日は驚くことに遭遇。
我が家から第一京浜(国道15号線)に出た所から多摩川の橋手前までは、片道3車線、2車線並みの歩道と1.5車線並みの中央分離帯(植栽で低い車からは対向車線が見えない)が続く。通常は3車線いっぱいに車が途切れることなく走っている交通量の多い所です。
川崎の元木交差点手前まではガラガラで一番右側の車線を60km以上のスピードで走ったが、交差点前から交差点の中まで右側車線のみ渋滞している。
あれぇ、変だ?
交差点の先は微動だにしていない。信号手前からは黄色線をまたいで真ん中の車線に変更して次々に出て行くので、違反とは知りながなら私も・・・・・。
交差点を越えて50m行ったところに逆走してきた自動車が停車している。衝突はしていなかったが、そこから信号の途中まで車が詰まって停車していた。
運転手を見たら、おじちゃんが涼しい顔をしている。
都会でそれも大きな幹線道路での逆走車を見たのは初めてだ。
もしぶつかっていたら、幾ら道路が通常より空いていたとしても少なくとも2車線を巻き込む大事故に繋がったことだろう。
よくぶつからずに両車とも停まったことである。
何故老人が対向車線に入ってきたのか?
想像するに、脇道から信号が青になって出てきて、右折するのに中央分離帯が大きいので、その先に右折して入る道があるとは思わずに分離帯側の車線に入って来たのではないか?
通常であれば車が信号で停まっているが、この日はそのようなことはなかったからか。
大きな交差点の元木の信号が変わらないと、走って車がいなかったから、間違いに気がつかなかったのでは?
それにしてもかなり進んできた筈。普通の人なら気がついてUターンするのだが?
歳をとるとそのような判断ができなくなるのかもしれない。

正月早々、本当に驚いた現場を見たものである。

« 塩麹の塩豚 | トップページ | 七草粥 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩麹の塩豚 | トップページ | 七草粥 »