リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

« ヨネッテイ堤根に | トップページ | 金目鯛のアラ煮 »

2019年3月11日 (月)

8年

今日、東日本大震災から8年を迎えた。
当日の地震後、家族(長女夫婦はボストン在住だったので除く)の無事が心配になった。
電話もスマホも繋がらなかった。
家内は上大岡から5時間かけて歩いて帰宅。通常2時間あればの道だが、帰宅者で大混雑で普通に歩けない状態だったらしい。次男は茅ヶ崎でサーフインしていたが、横浜方面の道は意外と走れたようで、夕方戻ってきたのには驚いた。
家内は銀行に勤めていて、後日の銀行の対応には驚いた。全員に安全靴を支給したのである。女性は特にハイヒールなので履き替えさせるという対策のようだ。メーカーではそこまではしないのだが・・・・・。
TVをみて、実家の状況は最悪と思った。高齢のお袋が行っているデイサービスの施設は津波に。最悪を覚悟した。
妹夫婦の住んでいるところは安全なところであったので少しは・・・・。
数日後、妹と電話が繋がり、母は妹の家におり、兄は避難所ということがわかりホッとした。
これからが大変だった。
実家は壊滅したので、アパート探しと市役所に借りたアパートの災害住宅として認めてもらう手続き等等が。
母の健康で問題が生じて、あの大変な状況の中で市立病院での検査。
高齢者施設の確保なども。5年前に母がなくなった。
母が亡くなってから、次男の結婚式そして長男の結婚式、長女夫婦の帰国と店の開店もあった。
8年は早いようで私には長い長い年月であった。

東日本大震災の犠牲者に合掌!

« ヨネッテイ堤根に | トップページ | 金目鯛のアラ煮 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨネッテイ堤根に | トップページ | 金目鯛のアラ煮 »