リンク先

  • MASON NOBU
    MASON NOBUのインスタグラムです。 江東区森下にある小さなパン屋ですが、地元はもちろん外国からの訪問客も多い人気のお店です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

スポーツ

2020年1月 7日 (火)

ジム通い再開

昨日から年末年始で休んでいたジム通いを再開しました。左リーマン風の人はおらず、女性が少しだけ少なかったが、いつも顔合わせする人だけになっていた。ストレッチ→パワトレ→ウオーキング→ランニング→ストレッチと一連の運動をして、サウナと入浴。通常通りでスタートしました

 

昨日の朝、日の出前の空のグラデーションが綺麗だった。つい、スマホでパチリ。

Img_1514

 

2020年1月 3日 (金)

箱根駅伝復路

10区に入ったところで応援へ。なんとも応援しがいがなかった。青山の独走。家に戻ったら3位争いが面白くなっていた。

Img_1503

2020年1月 2日 (木)

箱根駅伝

鶴見に引っ越ししてきてから、箱根駅伝を応援に第一京浜に出かけている。今年の1区は速い。例年より家を早く出て、選手の前で応援しようとしたのだが、横断規制がされていた。例年以上に厳しく完全に渡れない。広い道路の向かいから見ることに・・・・・・・・。

Img_1426

2019年11月27日 (水)

ランニング

寒くなってくるとジムにくる人が少なくなっている。運動不測になりがちだから、本当は寒い時ほどジムに来て運動した方が良いと思うのだが。

雪国ならスキーに行くのだけど。40代前半の時に、初老のスキーヤーを見て、歳をとったらあの人達と同じような優雅なスキーを楽しめたらといいなぁ〜と思った。現実は厳しい。スキー場は遠い。車も雪道は無理。気持ちはまだまだ意欲があるが、少なくとも物理的に。

今月に入ってからは腰が痛くなるのを恐れ、13分連続のランニングで。4日ぶりのジムで15分走っても腰に痛みが出ない。翌日16分走って見た。まだ大丈夫なようだ。ここで安心して20数分走ると痛みが出てくるのが今まで。走りたくなる欲望を抑えて15分を決りとすることにしよう。

2019年9月29日 (日)

逆転勝利

勝てないと思っていた日本が逆転勝利。素晴らしい。スポーツは何が起こるかわからない。だから面白い。

日曜日だからとも言えるが朝刊の取り上げかたに驚いた。それが経済新聞の日経で。一面、俗に言われる3面と一面丸々日本の勝利を挙げている。3面ともカラーでだ。日経がスポーツでこのような取り上げかたは私の記憶で初めてだ。負けたアイルランドが7点差内にとった試合運びは流石である。負けてもボーナスポイントを1点獲得した。この1点がAリーグ内の争いで大きなポイントになるような・・・・。(画像は左から日経新聞の29面、1面、31面)

P1100708

厚揚げとごぼうの豚汁です。

P1100701

2019年8月 3日 (土)

暑い 無理はしないことに

腰の痛みが良くなってきた7月からは、ジムのランニングマシンで7.3km/h・30分未満走り続けることができるようになっていた。長かった梅雨が明けて猛烈な暑さが。ジムにいるときは疲れを感じないが、家に戻るとドーッと疲労感を感じる。先週後半からは毎日数分づつ減らし、それに反比例してスピードをアップしている。今のジムでは、私の年代で30分走り続けている人は殆どいない。

夏の期間は10分ランで20分ウオーキィングして、ランニングマシンでのトータル消費カロリー200kcal以上にすることにしよう。

 

札幌みその「夏季限定辛味噌つけ麺」です。あまり辛くなかったのが残念だ。

Img_0935

2019年2月 6日 (水)

スーパーボウル

今年のスーパーボウルは常連ペイトリオッツの6度目の優勝、13―3というロースコア、史上初めて第3Q終了時点でTDがないという試合展開で、見ていて面白さが全くなかった。
41歳トム・ブレイディQBのあの一投が凄かっただけ。
これじゃ退屈する訳だ。
TVの解像度は良かったが、今まで見てきたスーパーボウルでは最下位の試合だと思ったのは私だけ?

ハーフショータイムも感動や新鮮な発見が全くなかった。
ドローンでの表示はコンピュータプログラムで行われたのであろうが、プログラムは誰が・何処が?作ったのかというくらいかな!

来年は面白い試合を期待したいが・・・・・・・・!

2018年1月 4日 (木)

アメフットの思い出

ライスボールでフロンティアーズが2連勝した。
今のフロンティアーズは無敵である。

Img_1853

2日の日に子供たちが集まった時、フロンティアーズのことを話した。
善光寺ボールで長野にフロンティアーズがきた。
当時はまだまだ1部にあっても弱いチームであった。
大卒の新人を臨時の応援団長に指名して競技場へ。
子供たちを連れて応援に行った。
長女は覚えていてくれたが、長男は小学生2年だったためか記憶に無いと・・・!
アメフットのボール(試合後にフロンティアーズからもらった)を家に飾っていたことは覚えていた。
私は家に飾っていたことを忘れていた。
この記憶の違いは興味深いものがあるなぁ〜。

2016年11月16日 (水)

火曜日のジム

週4回から5回のジム通いは、この頃は3回から2回になっている。
ジムトレーナーが週2回の通いで十分と言ってことをバイブルにしている訳ではないが・・・・・。
鶴見の駅近のビルで4階専有している。
各階ごとにジムフロアー、ステージフロアー、ロッカールーム・風呂フロアーとスイミングフロアーに分かれている。
一度も使っていないのはステージフロアーですが、ここは女性が占めていて男性は数名だけらしい。
人気のプログラムでは先着順の予約をとるのに、おばさん達が目の色を変えているのが怖い。
ジムは火曜日が空いているので、周りを気にせずに総てのマシンが使える。火曜日は予定が入らない限り必ず行くことにしている。
昨日の9時半、駐輪場へ行くエレベーター前に火曜日としては珍しく順番待ちの自転車が数台繋がった。
エレベーターは中途半端な大きさで、女性の人は大きなカゴつきや横幅のある電動自転車が多いので1台しか乗れない。
私より後に来たオバサンが先に乗ろうとしたので、声はかけずにキッと目をむけた。険しい声で「あんたの方が先かね」と言ったので、「そうでしょう」と応えた。順を無視したことを自覚していたと思えたので、一緒に乗せてあげた。
地下にエレベータが降りている時に「ヨガの予約カードはもう無理かな」とボヤいていた。
それって、自分が遅くなったから順番を無視しようとしたのか・・・と思った。結果は予約カードをゲットしていましたが・・・・・・。
最近のオジサン達にも常識的な振る舞いを出来ない人もいるが、オバサン達の方がおかしな振る舞いをする人が圧倒的に多いとジムに行くと感じる。自分の行動をチェックすることが出来なくなればボケになるのが早いかも・・・・・。私もオジサン達に入るのだから気をつけよう。

総てのマシンを使いパワトレを楽しめた。
ランニングも連続で22分と、久しぶりに20分台に。
良い汗をかきました。クールダウンした後のサウナは最高です!

2015年12月23日 (水)

久しぶりに45分

冬になると、スポーツジムの混み方は緩和されるのだが、今年はやや様相が異なる。
特に月曜日の午前中は酷い。シニアは平日会員が多いからなのだろう。
先週からパワートレのマシン数が増えたのに、空きがなかなか出来ない。
増えたなぁ〜と思うのがシニアのおばちゃん。
彼女たちはスタジオのレッスンがメインだったのでは?
新しいマシン好きなのか?それとも魅力のあるスタジオのレッスンが減ったのか?
若い男女も増えている。これは大学が休みに入ったからだと思えば納得出来る。
混むのが嫌いな(^o^)馴染みの人は、お昼にジムに来ている。

ランニングマシンは自然とウオーキングする人の場所と走りがメインの人の場所と別れる。
先日、顔を見かけるが全く話したことがないボデイビルダーのシニアが靴を履いている時に話しかけてきた。「おたくさんは、よく走っていますね。靴は・・・?」
ランニングマシンでは遠くのマシンで30分歩いている人でもある。
驚いた。
シニアの男性は運動しながら観察している。私もそうだけど!

25分以上連続で走る人は私の年代では3人だけ。
走っているマシンの周りには人が入ってこない。
初めて入ってきた人は10分くらい歩いて退場してしまう。
その気持ち、解るなぁ〜。初めは私もそうだった。

ここの所、連続で走るのは25分〜35分であったが、久しぶりに45分走った。
テレビを見ながらでも45分走るのは飽きる。
インナーでの限界でもある。
体の方は息切れもせず、足も軽かった。
体調が良ければどの位走れるのかなぁ〜。
機会があったら外で試してみようかな?