リンク先

  • nohon05
    私のインスタグラム
  • MAISON NOBU
    江東区森下にあるパン屋です。厳選された材料で作っています。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • FUさん
    雨にも負けず風にも負けず:仕事を退き、第二の人生の山歩きを中心にした日常行動の紹介です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2018年6月11日 (月)

ブログの容量

このブログの容量は2000MGです。
2008年9月に開いてから、ほぼ毎日アップしていた。
よくまぁ、続けたものだ!
そのため容量の空き部分がわずかになった。
まずは過去の記事の削減をし、13年から以降を残した。
あまり空きが増えたわけではない。
次にマイフオトを削減することに。こちらの方は厄介で50件しか削除できない。
地道に画像の削除をし続けて、どうにか4年分の容量を確保しました。

さて、いつまでこのブログを続けることが出来るか?
(容量の問題ではなく、毎日アップする気力がなくなってきたので)

2018年1月19日 (金)

Macのバッテリーを

シエラにOSをバージョンアップしてからMacの調子が良くない。
一番気になったのがバッテリーのもちが悪く、あっという間に30%以下になる。
従来のOSなら30%以下でもOSの立ち上げが出来たが、今は出来ない。充電しながらOSの立ち上げをしている。
ネットで調べたら、4年でバッテリー交換をしている人が多いことがわかった。
かなり酷使している私のMacは5年になるので、もちが良かった方だと自分に納得させた。
早くて今年にはOSが32bitから64bitに大きく変わるとの噂があるので、今新しく買い換えるのは得策ではないと思う。
バッテリーの交換をアップルに頼むとえらい高い。
純正品ではないがネット上では評判の良いバッテリーをアマゾンで購入。
どのタイプかわからなかったが、A1405型であることが判明。
アップルより半値以下で交換が出来る。
私のように初めて交換する人も多く、なんとか取り替えているようなのでチャレンジすることにした。
自己責任での取替だ。


Mac専用のドライバーで極小なビスを取り外し、取り付け場所(外側・内部)がわかるように置いて、バッテリーを慎重に交換した。
バッテリーが占める面積が大きいのに驚いた。パソコン本体が薄いのでそのようになっている。
要した時間は20分。神経を使ったが素人の私でも簡単に出来た。
バッテリーを新調したら、今まで何だったのかと思うほど快調にMacが動いている。

P1090882

P1090883

P1090885

P1090887

今までのOS ではなかったことで、バッテリー交換前に頻発していたのが、アプリーケーションが固まってしまうことと、電源OFFが出来なくなること。
シエラはしょっちゅうOSのアップデートが続いている。
2日前にもアップデートをした。
今までにないくらいアップデートに時間がかかるので、シエラには穴が大きいのかも?
OSのベースはヨセミテと変わらないから、ハードに対する負荷はあまり変わらないはずだが!
バッテリーの交換とOSのアップデートで使いやすくなった。
少なくも1年は今のMacが持ちこたえてくれることを望んでいる。

2017年12月14日 (木)

Windows10のアップデート

日常動かしているのはMacで、必要に迫られないと電源を入れないのがWindows10だ。
久しぶりにWindowsマシンに電源を入れ、オペレーションが終わりそうになったら、OSアップデートのアイコンに触れてしまった。
OSのダウンロードからインストール、そして再起動で動きだすまでに要した時間は、なんと3時間も!
所要時間の表示がないのでPCに張り付く羽目になった。
ジムに出かけるつもりでいたが、アップデート作業時間のかかり過ぎで、行く気力が喪失。
なんていうことだ。
Windowsマシーンには諦めの境地です(# ゚Д゚) ムッカー

2017年11月 9日 (木)

Google フォト

Windows Vistaを使っているときにはGoogleのPicasaを使って写真を公開にしていた(10年前)。
PCをMacに変えてからはPicasaをあまり使わなくなった。
決定的に使用しなくたったのはスマホをアンドロイドからアイホーンに変えてからだ。
iCloudが5G無料だし、Macとアイホーンの相性が良いのでPicasaのことをすっかり忘れていた。

PicasaからGoogle フォトに移行していたことさえ頭になかった。

iCloudの容量が小さいので、Google フォトを使ってみようと考えてPCでサイトに行ってみたら、以前に作っていたアルバムがすべて残っていて見ることが出来た。
(Googleの説明では:Picasa ウェブ アルバムに保存したほとんどのデータにアクセスし、内容を編集したり共有したりするには、Google フォトにログインするのが最も簡単。これまで保存した写真や動画は、Google フォトでも表示できる)。
しかしながら、私のブログのリンク先に「私の公開画像」をずっと貼っていたが、Picasaから変更になった時点でリンク出来なくなっていたことを気がつかなかった。恥ずかしいです!

アイホーンにGoogle フォトを入れたら、自動的に私のGoogle フォトが表示された。
使ってみると超便利だ。

P1090750 P1090749

一番の魅力は高品質画像で保存が出来るということだ。品質を保ちながらファイルサイズを節約(無料)、つまり圧縮されているということです(無料の保存形式はおよそ1600万画素までの写真や動画で、超えているものは自動でリサイズしている。LINEで写真を送るよりフアイルサイズは大きい。)。
A4サイズのプリントには耐えられるということ。
劣化するのが嫌という場合は15GBまでは無料なのも魅力です。
画像・動画をGoogle フォトに移動すればiCloudの容量(5GBまで無料)を心配しないで使えるのが最高だ。
アルバムは共有出来るので便利です。家族等の写真は家内と共有した。
ブラウザをサフアリではなくグーグルを使っている私にしては遅い利用であった。
Mac、WindowsとiPhoneで使っています。


2017年9月24日 (日)

Windows10にイライラ

Macに慣れすぎたのか、Windows10にイライラする。
HDは同じSSDなのに、立ち上げとシャットダウンに時間がかかり過ぎる。
私のWindows10は余計なアプリが入っていないのにもかかわらずだ。
特に酷いのはシャットダウンです。最悪は電源がおちないことがある。
IO(外付けHD、DVDやマウス等)を付けているとシャットダウンが出来ない場合が多い。
いちいちIOを外さないとシャットダウンしないのがイライラ。
長時間作業したときには、シャットダウンに10分以上かかることもある。
全く嫌になる。

P1090292

Microsoft嫌いを増幅させるのは外付けDVDをつけた場合におきた。
MacではOSを最新にバージョンアップしても、外付けDVDドライブを自動認識して、あらゆる拡張子でも再生できる。
Windowsは7・8から10にバージョンアップした場合、再生ソフトは無償で提供されているが・・・・・。
モバイル性が一般的に普及しているので、DVDが内蔵されていないパソコンが主流になってきている。
それでもDVD再生が必要なケースがあるから、以前使っていた外付けDVDを接続しても使えない。前のMicrosoftなら無償提供していたから問題がないが、今は有償のだ。腹がたつ。
友人が10のノートパソコンに外付けDVDをつけたが再生できないとの相談を受け、無料の再生アプリをいれてあげた。
私の場合は無料のアプリを探して2つ入れてみたが、全ての拡張子が再生出来るわけではない。
メデイアを読み取れないケースの場合はフアイルを読み出しても、拡張子の知識がないと再生できない。
音楽DVDの再生では特にフアイルが多いので・・・・・。

Macは、OS X 10.8 Mountain Lion→OS X 10.9 Mavericks→OS X 10.10 Yosemite→OS X 10.11 El Capitan→macOS 10.12 SierraとOSを次々とバージョンアップしてきた。
それにもかかわらず、WindowsXP以降にみられるような困ることは生じなかった。
Windows10は補助で使うことに割り切ることにした。
Macの電源がそろそろになってきているし、一般的にいわれているマシーン使用年限は越えている。
電源を新しいものに入れか敢えて壊れるまで使い切る予定だが、壊れたらMacを買うことする。
外付けHDDにマシンのバックアップは2ヶ月に1回はとることにしよう!


2017年5月16日 (火)

ランサムウェアによるサイバー攻撃

医療機関やその他の企業に影響を及しているランサムウェアによるサイバー攻撃は世界的に大問題になっている。
日本の企業でも被害がでている。
Microsoftでは 2017 年 3 月に修正された SMB v1 の脆弱性 (MS17-010) を悪用するため、コンピューターが最新のセキュリティ更新プログラムをインストール済みであることを確認するように昨日の15日にセキュリテイ対策としてアナウンスしている。
私のWindowsに最新のWindows10Version1607の累積更新(KB4019472)にアップデートを6時からしているが、1時間たってやっと95%のダウンロードだ。
日本中のユーザーが集中してアップデートのプログラムをダウンロードしているからなのだろう。
さて、あとどのくらいかかるのだろうか?
インストールの時間はかからないと思うけど。
ユーザー数が多いと影響が大きすぎる。
Macになれると、こんなところでもイライラするなぁ〜!
今現在1時間半たっても95%から先に進んでいない。うんざりsad
世界標準に甘えているMicrosoftは嫌いだということを再確認しているみたいなものだwobbly

ダウンロードを開始してから2時間たって、やっとインストールが完了した。
最新の状態になりました。

2017年3月20日 (月)

Windows10のこと3


Windows10のメーラーでは、YahooとNiftyメールともパスワードが違うと出て来る。
間違っていないのに、何度設定しても駄目。
VISTAで使っていたフリーソフトのサンダーバードを入れたら、両メールとも送受信が出来た。
同じIDとパスワードをいれているのに、何故そうなるのか理由が全く解らない。
niftyの送信サーバー(smtp.nifty.com)でメールが送信できないのは、プロパイダがniftyでないことに起因しているようだ。
送信ポートを25番からサブミッションポート587番に変更した。
サンダーバードではOKになったが、Macメーラーでは送信が出来ない(以前から)。
未だ解決していない。
こんなことをあれこれ考え、調べるのも頭の体操かも!


Mac、iPadとiPhoneで共有している写真やiCloudDriveをWindowsでも共有するために、iCloudをWindows10にインストールしました。
4つのデバイスで共有出来るのは便利です。
MicrosoftのOneDriveも同じ機能で使えるが、私のメインはApple製なのでiCloudにしました。

P1080487


2017年3月18日 (土)

Windows10のこと2

Windows10は、以前使っていたVISTAと大きな違いがあって面食らう。
例えばシャットダウンといってもVISTAでは完全シャットダウンだが10ではそうではない。
10は完全シャットダウンではないので、再起動した時に立ち上がらないケース等のトラブルが生じることもあるようだ(家内の10で度々生じる現象)。
ある操作した後でシャットダウンをしたら、いくらたっても電源がおちない。
やっぱりだぁ!電源を落とすなと警告が出ているが強制的に電源を落とした。
PCを立ち上げて、完全シャットダウンにするためには裏技が必要になる。
設定を変更し完全シャットダウンにした。
少々立ち上がりが遅くなったけど、ストレージがSSDなのでHDよりは速い。
良しとするかhappy02

10を少しずつ勉強してみると、Macの使い勝手の良さを再確認することにもなった。
10の基本的なWindowsの再勉強はパスしています。大きな基本は変わらない筈なので。

40代後半から50代にかけて、会社の私のデスクにはAppleとWindowsマシンの2つがおかれていた。WindowsPCの製造・販売もしている会社であったのですが!
メイン業務はWindowsだが、クリエティブ業務にはAppleを使っていたので、両方使えないと仕事にならないのが私の立場であった。
PCのプロでないし、理系出身でない私が何故?と思ったが、Appleを使えて面白かった。
その仕事から離れてからはWindowsばかりになった。
リタイヤ−してからWindowsマシンが壊れて、Macへの挑戦心で購入した。
会社生活でPCアレルギーにならずにすんだからだ。
そして情報リテラシーに対するモチベーションをもてるようにもなったからhappy01
Macに慣れてしまったが、今回は再度Windowsにチャレンジする気持ちになった。

今のところの本音はMacのほうが使いやすい。
Macは寿命に近づいっている。壊れないことを祈っているのも本音だwink

2017年3月15日 (水)

マウスコンピュータ

Macのストレージはフラッシュストレージ(SSD)です。
ハードディスクに変わる記憶媒体としてSSDが注目を集めている。
SSDの魅力はなんといっても速さで、この速さを体感したら、ハードディスクには戻れない。
Windowsマシンの購入を考えた時、ただでさえOSが重いので立ち上げに時間がかかる。
Macに慣れると苛立ってしまう。
SSDは値段が高いし容量が小さいけど、Windowsマシンを購入の選択肢はSSD搭載しかない。
余計なアプリが入っていないPCで、ストレージはSSDでメモリが大きく、且つ安いことが選定の絶対条件にした。
3ヶ月検討した結果、マウスコンピュータしかないと思った。
私のMacはストレージ121GB・メモリ4GBだが、負荷をかけないように工夫している。
Windowsにはストレージ240GB・メモリ8GBを選択した。

P1080474

液晶サイズはMacより小さい11.6インチ(14インチのほうが安い)を。
重さは同じ。
4万円台で購入出来るのはマウスコンピュータだけだ。
それにメイドインジャパンであり、受注生産だ。懐かしい長野県飯山で作られている。
同等のスペックになると、他のメーカーでは8万円以上になる。
注文して5日で到着(一週間後には3000円以上値上げになっていた)。
早速Windows10をインストール。オフィス、プリンターやアンチウイルスのアプリを入れる。
そしてグーグルクロムも入れ使えるようにした。
購入の最大の動機は住所管理でした。
住所管理はMacでもしているが、それは日常使うものに限られている。
筆まめに過去のデータを含めてすべて管理していたので筆まめも入れる。
イレギュラーなことをしたので、大丈夫か心配だったけどOKでした。

Windowsの勉強のやり直しだ。
忘れぽっくなってきた頭には良い刺激になると思うし、購入の動機の一つでもありました。

SSDは凄い。Windowsの立ち上げが速い。Macに近い!
今春に10の大型アップデート「クリエイターズ アップデータ」が予定されているようだ。
クリエイトすることが目的ではないので、あまり関心はないなぁ・・・・。

2017年3月 3日 (金)

外付けHDで

2月にMacのOSをSierraにアップグレードしていたのを忘れていた。
私のMacのストレージは121Gと小さいので、月の初旬に前月分の画像・動画・データ等を外部HDに写して、Mac内には残さないようにしている(ハード障害にも備える意味もあるけど・・・・)。
毎月のことをしてみたら・・・・・・・・・・・coldsweats02
外付けHDからの読み取りは出来るが、Mac本体の画像等のデータを外付けHDにコピーやムーブが出来ない。
あれぇ?どうして!
しばらく考えていて気がついた。

ひょっとすると、以前買ったアプリケーションParagon NTFS for Mac OS X 10(Windows NTFSフォーマットのボリュームをMacで使えるようにするアプリ)では、対応ができないのかもしれないと気がついた。
Yosemiteと Sierraでは見かけ上はあまり変わらないし、これまでのOSの変更(OSX Mountain Lion⇒OSX Mavericks⇒OSX Yosemite)では使えていたので、まさか従来のアプリが使えないとは! 
macOS Sierraに対応したNTFSforMac®14を入れる必要があることがわかった。
仕方がないのでバージョンアップを購入(2160円)した。

今回は少々動揺した!
Mac本体にインストールすると、快適に外付けHDにコピーやムーブが出来た。
古い外付けHDの一つを私のMacのストレージのバックアップに使っている。
本体が5年近くなっているので、いつクラッシュしてもおかしくない。これで安心できます。
やれやれである!

P1080460