リンク先

  • nohon05
    私のインスタグラム
  • MAISON NOBU
    江東区森下にあるパン屋です。厳選された材料で作っています。
  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • FUさん
    雨にも負けず風にも負けず:仕事を退き、第二の人生の山歩きを中心にした日常行動の紹介です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

携帯・デジカメ

2016年12月24日 (土)

迷惑な0120

0120−947−906からスマホに数回電話がかかってきている。
一度もでなかった(電話帳にない電話には基本的には出ないことにしている)。
しつこいangry
0120−947はNTT西日本が番号提供者だから、関西の会社であることがわかった。
フリーダイヤルの電話番号をネットで検索してみた。
電話番号検索のURL:http://himania.me/bangoukensaku/から調べてみたら、株式会社カスタマーリレーションテレマーケティングという会社だ。

受信者負担である0120で電話をかけてくるって、とんでもないところだ!
早速着信拒否にした。私の番号では第一号である。

【0120−947−906のネットでの口コミから】
NTTドコモのふりしてかけてきた。人の迷惑も顧みず無茶苦茶です。結局、NTT光回線の勧誘でした。連続して数回かけてきています。不在をよそおって留守電が出るとすぐに切る。何も言わない。かなりの悪徳勧誘業者だ。みなさん決して出ないように。最悪業者の可能性大。

何回もかけてくるので出てみると、相手の一言目が「なぜ電話に出ないのか?」。
「は??」と思い何の用件かと聞くとドコモ光勧誘。
お前の態度がなってないのと、忙しいのにかけてくんなクズと言って切る。

金融機関と支店名を教えていただければ
こちらで口座番号をお調べして手続きしておきますね~
だってさ
怖っ!

携帯電話にかかってきました。
このような内容です。
「わたくし、NTTドコモ ドコモ案内センターの◯◯◯(女性)と申します。」
「◯◯さんで、ご本人さんで間違いないでしょうか」
「いつも、お世話になっております」
「ご連絡でございますが、時間は少々よろしいでしょうか」
「私どもドコモから連絡させてもらってますので、皆様に一軒一軒ご連絡させてもらってます。」
「今回、ドコモ光という割引サービスがございまして、対象の方がフレッツ光をお使いの方なのですが、◯◯さんのお宅では、フレッツ光をお使いでしょうか。」
という電話でした。
ドコモはこういう営業をしているのかと聞くと、
「今回、皆様に1軒1軒ご連絡させてもらってます」

2016年10月16日 (日)

iPhone7の電話着信音

自宅でスマホを置いた所が分からなくなって、家電からスマホに電話する。
スマホの着信音を下げてポケモンGOをしていたことを忘れていたので、着信音がどこからも聴こえず相当焦った。ようやく見つけてホッとした。
着信音を上げて、家電からスマホに電話してみてビックリポン。
連絡先の家内と私の個人登録に家電も登録してある。。
家内と私の名前を告げてから着信音が鳴ったのだ。
iPhone6Sでは着信音だけなのだが、iPhone7は登録したナンバーであれば、かけた人の名前を告げてからベルが鳴るという新しい設定がなされている。
昔のアンドロイド・スマホや携帯では着信音で個人が解るように設定していたが、iPhone7はその必要がないということ!
今頃気がついたということは、購入してから2週間半過ぎてるのに、誰一人からも電話が無かったということですbleah

2016年10月 1日 (土)

iPhone7

P1080153iPhone7を日本で販売してから10日目に5Sから7に買い換えた。
現金で5%のポイント(割賦ではつかない)がつく、ビックカメラかヨドバシで購入しようかと思っていた。
5S(16G)を下取りして貰っても10,000円以下だ。
5,400円の割引きクーポンと下取り20,000円以下という内容のドコモショップからの案内が郵送されてきていた。
悩んだすえに、ドコモショップへ。
5S(16G)を20,000円で下取りしてくれた。
割引きクーポンも利用。
即日、手にいれた。
7(32G)を思っていた以上に安く買えた。
ついでに料金体系を変更した。若干安くなる。
耐水が魅力です、
快適に使っていますhappy01

2016年2月17日 (水)

スマホで

下に降りようとエレベータのボタンを押して待っていた。
上階から降りてきたエレベータの中にお母さんと可愛い女の子が乗っていた。
お母さんは聾唖者だったので、「お早うございます」の挨拶が不明瞭でした。
女の子は元気な声で「お早うございます」と明るい声で応えてくれた。
可愛いのでつい「おいくつ」と尋ねたら、恥ずかしそうに指一本。
お母さんが笑顔で「正確に言いなさい」といったようで、無邪気にはっきりと「三才です」と・・。
女の子は健常者だ。
親子のやり取りから、子供の躾もキチっとしているので、ホッとするものを感じて温かい気持ちになった。
マンション全体がバリアフリーなので、車椅子生活者や義足の方も住んでいる。
聾唖の方も一緒のマンションで生活していることを4年半経って解った。

そのお母さんが、スマホを使っている現場に遭遇。
「あれぇ?」と思っていたら、手を延ばしてスマホで手話をしている。
パソコンで手話をするのは知っていたが、スマホでしているのは初めて見た。
スマホはパソコンと電話の合体したものだから当然といえば当然なのだが、その情景に感動しました。
PCがあるところでしか聾唖者の通信は出来なかったのに、スマホがあればどこでも出来る。
SkypeかLineのビデオを使っているのだろう!
そうならば、障害者のための使用料金はどうなっているのだろうか?
データ通信料が安いのだろうか?
今まで気が付かなかった。
健常者と比較したら、どうしても収入の面で少ない人が大半なはずである。
割引制度があっても良いのではないかなと考えさせられた。

【私は電話をかけることは殆ど無いし、かかってもこない。殆どがデータ通信にスマホを使っている。データ通信が出来ない高齢者のため、データ量が少なくした割安の料金体系を作るようだが、電話を殆どかけることのないけどデータ通信する高齢者(前期高齢者65才以上)の為に、その逆があっても良いのでは?・・・・・・・・そんなことしたらSkypeやLineで電話されるから携帯会社の収入が激減するかもしれないけど!今考えられている料金体系は高齢者をバカにしているようで!】

2013年11月13日 (水)

スマホ

私のスマホの機種にOSのダウンロードのアナウンスがあった。
早速ダウンロードしようとしたら、45%も電池残量なのに充電してからといアナウンスと前に進まなくなった。仕方がないのでフル充電。
ダウンロードしようとしたら、Wi-Fiに設定の指示。このような指示は初めて。300M近くもあったからか。10分もかかった。
インストールには20分。その他の作業に14分。トータルで44分もかかった。

後で、ドコモのホームページでみると、ダウンロードにはPC接続からする方法もあった。
PCからの方が時間がかかるとのこと。
46分だから2分しか違わないけど、スマホの2分はイライラする程永く感じるのは私だけかなぁ?
短気な私は、Wi-Fiでオペレーションして良かった!

Android4.2に変わって何が?
アイコンが大きくなったのは判ったが………………
ウイルス対策ソフトなどは入れ直しだ。
面倒くさい ───O(≧∇≦)O────