リンク先

  • Amigo ichiroさん
    現役を引退し、日々の体力維持とボケ防止のために様々なことにチャレンジする健康シニアさんです。 新しく引越してきたリンク先です:旧名は「毎日が日曜日ing」
  • FUさん
    雨にも負けず風にも負けず:仕事を退き、第二の人生の山歩きを中心にした日常行動の紹介です。
  • 私の公開画像で~す
    花や山やイベントがメインの写真です。
  • ぢゃりさん
    なんでもないまいにち :料理が上手です。
無料ブログはココログ

花・植物

2017年3月30日 (木)

佐野 万葉自然公園 かたくりの里

佐野市の東にそびえる三毳(みかも)山にある 万葉自然公園 かたくりの里に28日に行きました。
カタクリの花は咲いている期間が短いので、合わせるのが難しい。
今回は私は三回目で、2回がバッチリでした。
白いアズマイチゲも咲き始めで綺麗でした。

P1080512

P1080510


P1080523


P1080529


P1080540


2017年2月27日 (月)

胡蝶蘭

息子の会社がある六本木のアーク森ビルに胡蝶蘭をとりに・・・。
日曜日の夕方ということもあり、都内の道はガラガラでした。
上場祝に贈られてきたものを分けてもらいました。
セダンの後部座席のフロアーに置いて運んできました。
左右折するさいに鉢が揺れるので抑えたが、花が3つとれてしまった。
家に入れると姿と花が大きいので吃驚。
とても自分では買えません。
しばらくは楽しめそう!

P1080447 Img_0621


2016年6月16日 (木)

ナツツバキ

この季節はマンションの庭園にナツツバキが涼しげに咲いています。
花と緑のバランスがなかなか良くて好きです。


Img_1306
 
「椿」の名だが、梅雨の頃に開花する。
別名シャラノキ。
すっきりした白色のきれいな花です。
5枚の花びらの縁にはこまかいギザギザがある。
花の形が椿によく似ていて、夏に開花することから「夏椿」と名付けられた。
幹はすべすべしているのでシャラノキと呼ばれることもありますが、「沙羅双樹」とは全く別のものです。
昔、ある僧侶が、仏教にゆかりのある沙羅双樹の樹は、日本にもきっとあるはずと、山に入っていろいろ探したところ、夏椿の木を見て沙羅双樹だと思い込み、それを広めた為だとの説があるようですbleah


2016年5月 2日 (月)

モンステラとユッカ(青年の木)

鶴見に引っ越してから購入した小さな観葉植物のユッカは一度も鉢替えをしていない。
モンステラは一回り大きな鉢に植え替えした。

P1070489


半日、陽が当たるリビングは観葉植物には最適な環境なのだろう。
植え替え用の培養土はコストコで、受け皿つき鉢はイケヤで購入しました。
同じ姿勢での植え替え作業は腰を痛める可能性があるので、ゴールデンウイークの二日間を使って植え替えました。
植え替えして貰った観葉植物が喜んでいるように見えます。

P1070492


2016年4月11日 (月)

ユスラウメ

桜や花桃が色の美しさを競っているように見える春まっただ中に、静かなたたずみで咲いているのがユスラウメです。
紅梅の梅はその存在を自己主張しているのに、同じ梅でもユスラウメは花が咲いていても地味で、目を惹きつけることは少ないように思える。

桜や花桃の楽しみ疲れのせいでしょうか、同じ時期に咲くユスラウメの静かな姿が私の好みです。

P1070339


P1070333

雑草でもある小判草も好きな植物です。
この植物を見ると、仕事で新潟大学工学部に出かけたおり、海辺の砂地の敷地に見事に群れをなしているのを思い出す。
海の青と小判草の緑、砂の色の対比が目に焼き付いている。


Img_1165


2016年4月 9日 (土)

春爛漫

桜が終わりかけたが、街には春の花が彩りを・・・・・。
ハナミズキ・ヤマブキ・マンサク・クレマチス・ハナダイコン等

Img_1162


Img_1164

Img_1160


Img_1163

Img_1161

画像にはないが、ホトケノザ・黄カタバミ・花ニラも賑やかに咲いています。

2016年4月 7日 (木)

桜は昨日から花吹雪に

開花から長かった桜の花、昨日から花が散りだした。
公園で陽に当たり、終わりの桜を見ながら昼食を楽しむ人が・・・・・・。

Img_1154

昨日の午前中は散歩がてら、川崎駅西側の南北エリアでスマホ撮りをしてきました。
名残惜しみながら!


Img_1142


Img_1148


Img_1149

今朝から雨、夕方からは風が強い予報。
桜吹雪で葉が目立つようになるだろう!

2016年2月23日 (火)

ミモザ(フサアカシア)

2月下旬になって、春の花が賑やかになってきた。
民家の庭にはアネモネ、スイトピー、白梅や河津桜が咲いていて、心がうきうきしてきます。
まだだよな〜と思っていたミモザが咲き出した。

Img_0989


鮮やかな黄色で、ふわふわした花が春を強く感じさせる。
この花を見ると、ミモザ(シャンパンにオレンジジュースを入れてステアすしたカクテル)を飲みたくなります!

Img_0990 Img_0988_2


2015年11月28日 (土)

リビングに花が・・・・・

昨年の11月26日におばちゃん猫のモモが18才で亡くなった。
モモは花が大好きで、花が部屋にあると食べてしまう。
そしてスリスリ。花が倒れてしまう。
そんなわけで、猫がいるリビングには花のない状態であった。
もう花を食べるものがいないのに、リビングに花を飾ることを一年も忘れてしまっていた。
19歳になるおばあちゃん猫のコロは花には全く関心がない。
甘えることと臆病が彼女の特長です。

Img_0824

特に冬になると花が欲しくなる。
花を食べたり、じゃれるものがいないので、何年ぶりかに飾ることができました。
大きなシクラメンとプリンセチアの鉢がリビングにあります。


P1060837
 
 


P1060835
 
 
観葉植物だけの生活から脱出で〜すhappy01

2015年5月13日 (水)

フウチソウは強い

我が家のベランダは絶えず強風が吹いている。
曇天では半日で洗濯物は完全に乾くし、雨でも夕方には乾いている。
一年をとおして洗濯物が乾かなかったのは10日もない。
従って、花や野菜は強風と土がすぐに乾燥することから育たない。
ポーチは一日中、電灯がついているので植物には環境が悪い。
フウチソウだけは枯れずに育っている。
元々は高山地帯で風や乾燥などに負けずに育っているのだから、園芸種でも過酷な環境でも・・。
我が家のベランダの乾燥は尋常ではなく、うっかりしていると土がカラカラになり、葉の水分が奪われまるまっちゃう寸前になることも。
それでも、水を与えれば緑が回復する。
フウチソウは本当に強い。

P1000023

栃木県小山市と山梨県韮崎市から頂いたものです。

より以前の記事一覧